パイレーツアップデートの注意点と気を付けるポイント

MENU

パイレーツアップデートの注意点と気を付けるポイント

パイレーツアップデートとは、著作権侵害報告の多いWEBサイト、ホームページの検索順位を下げるためのアルゴリズムプログラムです。

 

具体的に言うと、グーグルはデジタルミレニアム著作権法、DMCAに抵触しているといった、著作権利者からの違反通告を受け付けているのですが、このパイレーツアップデートは、こうした著作権違反の通告を受けたサイトに対して、順位下落のペナルティーを与えるというものになります。

 

つまり、他人のサイトの内容を無断でコピペして、本来の著作権者(サイト保有者)から訴えられたサイトに対して、ペナルティーを課すというわけです。

 

まっとうにホームページを運用している方であれば、このパイレーツアップデートは全く恐れる必要のないアルゴリズムになるので、安心ですね。

 

Googleには、インターネット世界の番人として、どんどんパイレーツアップデートを強化していって、著作権を侵害しているようなインチキサイトを取り締まってほしいものです。

 

自分の著作権は守ろう

 

自社のホームページに書いているコンテンツは、すべて所有者であるあなたの著作物です。

 

ただし、これが侵害されているのを放置していたのでは、こうした違反サイトに確実にペナルティーを与えることはできません。

 

上記パイレーツアップデートの対象が、著作権違反のサイトではなく、実際に著作権違反について通告を受けたサイトだからです。

 

確かに、結果としてパンダアップデートに取り締まられることはあると思いますが、似通ったコンテンツとして皆さんのサイトがペナルティーを受けてしまうリスクもゼロではないのです。

 

パンダアップデートの精度にもよりますが、自分の著作物であるホームページを守るためにも、明らかに著作権を侵害してきたサイトに対しては、泣き寝入りをするのではなく、断固として、グーグルに通報していきましょう。

 

最近は、他人のサイトを引用して、まとめただけの、まとめブログやキュレーションサイトといったものが流行っています。

 

そうしたサイトに著作権を明らかに侵害された場合は、直ちにグーグルに通報することが、自分のサイトを守ることに直結すると考えています。