パンダアップデートの注意点と気を付けること

MENU

パンダアップデートの注意点の気を付けるポイント

パンダアップデートとは、グーグルが不定期で更新している、低品質のサイトを取り締まるためのアルゴリズムプログラムです。

 

なんでパンダなのかというと、

 

おたくのホームページのコンテンツ、良いのか悪いのか白黒つけようぜ

 

という意味合いだとか、、、まあ名前の由来はそれほど重要ではないでしょう。

 

簡単に言うと、検索エンジンで上位評するのにふさわしくない、そぐわないサイトの検索順位を軒並み大幅に下落させることを目的としています。

 

パンダアップデートが行われるたびにバージョンアップします。
パンダアップデート2.0、パンダアップデート3.0といった具体にです。

 

そして、パンダアップデートに引っかかったホームページは、ペナルティーとして検索エンジン

 

 

なんでパンダアップデートが必要なの?

パンダアップデートがそろそろ行われるという話を耳にすると、サイト運営者の中には自分のサイトがどういう評価を下されるのか、気が気ではない人も少なくないと思います

 

そもそも、なぜパンダアップデートが必要なのでしょうか?

 

一番の理由は、グーグル、ヤフーからの検索ユーザー離れを防ぐためだと思います。

 

検索したときに、知りたい情報が検索結果の上位に表示されないことが続くと、検索者は、自分の知りたい情報を検索するのに、かなりの労力と時間を要することになります。

 

特にスマートフォンなど、小さい端末で検索するとき、知りたい情報が掲載されているサイトにたどり着くために、検索結果の下位の方まで検索するのは、かなり面倒な作業になると思います。

 

そのような、検索ユーザーの労力を減らすためには、情報の薄い価値のないサイトを検索結果の上位から締め出す必要があります。

 

そういうわけで、パンダアップデートが必要になってきたというわけです。

 

パンダのペナルティー回避方法

 

そうしたパンダアップデートに引っかからないためには、どのようなことを心がければ良いのでしょう。

 

これはとても簡単で、

 

検索ユーザーにとって価値のあるサイトを作る

 

これ以外にないと思います。たとえば

 

・他のサイトをリライトしただけのコピーコンテンツ
・文字が長々と書かれているだけで、中身がないコンテンツ
・ありふれた内容でユーザーのために価値のある情報でない
・サイト内の他の多くのページ同士、内容が似通っている

 

 

このようなサイトに価値があるでしょうか。

 

パンダアップデートにより、検索順位が落ちてしまっても、文句は言えないと思います。
検索ユーザーにとって価値のあるコンテンツを作っていくことを第一に、会社ホームページ作成を進めていくのが一番大事なことだと思います。

 

 

パンダアップデートに引っかかったらどうする?

 

ちなみに、パンダアップデートでペナルティーを受けてしまった場合、文字通りコンテンツを価値ある内容に変えていかなければならないわけですが、ペナルティーの解除を受けるのには、かなりの日数と労力を要します。

 

パンダアップデートのペナルティーから捕獲されたまま解放されない状態のホームページを、私は数多く見てきました。

 

パンダアップデートのペナルティーから解除してもらうため、コンテンツを修正していくのも一つの解決方法ですが、時間がかかる&そもそもペナルティーを解除してもらえるかわからないということを考えて、そのサイトは諦め、新たなサイトを1から立ち上げるというのもパンダアップデートに引っかかった時に取りうる選択肢の一つだと思います。

 

いずれにしても、パンダアップデートはアルゴリズムプログラムなので、今から引っかかった時のことを考えすぎてもしょうがないと思います。

 

それよりも、先述したとおり、検索ユーザーにとって価値のあるサイトを作るを第一に、会社ホームページ作成をしていくことが大事なことだと思っています。