ホームページは不要なの?

MENU

ホームページなんていらない?不要?

・会社ホームページなんていらないよ
・会社ホームページなんて不要だから解約しちゃったよ

 

こうした声を耳にしたことがある人も多いでしょう。

 

もちろん、ビジネス、商売をしていくうえで、会社ホームページが不要なわけありません。

 

会社ホームページなんて不要だと言って解約した人の本心は何なのでしょうか。

 

そこには、次のような本音の部分の気持ちが隠れていると思います。

 

ホームページ金かけた割に成果が上がらなかった?

 

会社ホームページは不要だと感じたということは、以前は、会社ホームページは必要だと思っていたということだと思います。

 

ホームページが必要だと期待していたのに、結局不要だと感じたということは、おそらくかけたコストに見合わなかったということが一つの要素としてあるのではないでしょうか。

 

業者にお金をかけて会社ホームページを作ってもらい、さらに月々安くないホームページ利用料、コンサルフィーを支払っている。

 

にも拘わらず、ホームページが売り上げに貢献しているようには見えない。

 

やっぱり、会社ホームページって必要ないんじゃないのか。
月額コストに見合わないし、廃止しよう。

 

そうした背景があり、ホームページなんていらない、不要だという結論に至ったのではないかと思います。

 

ですが、会社ホームページは必要です。

 

・御社のことを、そして御社の製品・サービスのことをオンライン上で多くの人や法人に知ってもらうため、
・そして多くのお客さんをインターネット上から集めてくるため

 

必要不可欠なのが、会社ホームページです。

 

業者に毎月支払っている維持コストがネックになっているのであれば、今すぐWEB制作業者に自社ホームページ管理を任せるのを辞めて、自社管理にすることを検討しましょう。

 

WEBコンサルが高額で提供するサービスも不要

 

高額なWEBコンサルティングサービスなども、全くもって不要です。
WEBコンサルタントって難しい言葉を使って、さも重要なことを教えてくれているように錯覚しますが、WEBマーケティングで中小企業が知っておいた方がいいことなどたかが知れています。

 

書籍で、WEBマーケティング、ネット集客に関するものを数点買って読んでみましょう。

 

それを自社のサイトに落とし込むことなど、難しいことではありません。

 

そして、最新のWEBマーケティング情報は、ブログやフェイスブックなど、ネット上で有識者が発信していることを無料で仕入れて、自分の知識としてアップデートしていけばいいだけです。

 

そのようなWEBマーケティング情報を、高額な料金で教えます的なサービスを申し込んで、後々後悔してしまわないように注意してください。

 

おそらく、他の部分にお金をかけた方が、御社にとってメリットがあると思います。