ホームページ制作業界の裏事情

MENU

2000年代初期のホームページ制作会社の状況

私はかなり長いことホームページ制作会社で勤務していましたので、この業界のことは裏事情も含めよく知っています。

 

そこで、ホームページ制作業界がここ10年ほどでどのように変わっていったのかを、時系列で書いてみたいと思います。

 

皆さんは、自社のできるだけ安い値段でホームページを作りたいと思って、このサイトに訪れていると思うので、正直「ホームページ制作業界の内部事情なんて興味ないよ」って人も少なくないと思います、、

 

その場合、このコーナーを読み飛ばしてもらって構いません。

 

「自分は10年ほど前に初めて会社のホームページを業者に作ってもらってそのままだけど、そのころと今とどれほど制作料金に変化があったんだろう?」

 

「HP制作業者から営業の電話がしょっちゅうかかってくるが、提案されたホームページの製作費って適切なのだろうか?WEB制作業界での制作費用のおおよその目安が知りたい」

 

 

「今自社で運用してるホームページってWEB制作業者に毎月6000円ほど払ってるんだけど、これって払い過ぎなの?」

 

など、少しでも昔と今のホームページ作成会社とその業界の遷移について興味がある方であれば、時間があるときにでも読んでみてください。

 

それでは、まずは2000年代初期から中期にかけてのホームページ制作会社の状況について書いてみたいと思います。

中小零細企業の多くはホームページを持っていなかった

2000年代初期、ホームページを持っている会社は決して多くありませんでした。

 

もちろん、それなりに規模の大きい企業やIT企業や公官庁などのホームページはありましたが、日本の多くの企業が、そうではない中小零細規模の企業です。

 

ホームページって何?
持ってたらどんなメリットがあるの?

 

ってレベルだったと思います。

 

ただホームページ作成ソフトも販売されていたので、このころからホームページを自社で作っていた先進的な中小企業も少なからず存在はしていました。

 

ただ、それには2つの難点がありました。

 

一つは、このころの市販のホームページ作成ソフトで作ったホームページは、見た目が恐ろしく貧相でした。

 

知り合いの会社が当時のホームページビルダーってソフトで自社のホームページを作っていたのですが、かわいらしい子供の落書き帳のようなデザインで、はっきり言って、法人用のホームページとして運用するのに耐えられないレベルでした。

 

ホームページの目的が、今ほどクリアになっていなかったのだと思います。

え、このレベルで制作費100万円以上?

それでも、2000年代も半ばに近付いてくるにつれ、ホームページ制作業者の数が増えていきます。

 

これは次第に、法人用ホームページの重要性が浸透してきたことで、HP作成のニーズが増えてきたことが背景にあると思います。

 

そんなころ、私もとあるWEB制作業者に新入社員として入社しました。

 

ホームページ制作の会社としては、それなりに社員数の多い、業界内では比較的大手に属する会社だったと思います。

 

そこでは、企業のホームページ20ページほどで、ホームページの制作費用の総額が100万円以上もお客様からいただいていました。

 

そしてホームページが完成した後も、SEO対策費用、各種コンサルティング費用として、毎月3万円ほどの費用もお支払いただいていました。

 

今の時代のHP制作費用と単純比較してしまうと、それはボッタクリに近い料金設定だなと思われるかもしれませんが、その当時は、今のような便利で高機能なホームページ作成ツールもありませんでしたし、常識的な範疇内の価格設定だったと思っています。

 

当時のWEB制作業界内には、たった数ページのホームページ制作費用に数百万円という料金設定をして、リース契約で支払わせるようなWEB制作会社もあると聞いていたので、それに比べて、うちの会社は良心的なサービスだという自覚はありました。

 

会社の方針として、電話営業による勧誘もそれほどしていなかったと思います。