中小企業がホームページに投資できる上限

MENU

中小企業がホームページに投資できる上限

中小企業が自社の法人用サイトにいったいどのぐらいまでであれば投資しても良いのか。
これは、ある程度ホームページを作る前に考えておいたほうが良いでしょう。

 

あくまで目安として考えていただきたいのですが、自社のすべてのホームページ、ブログ含めた維持費の総額を、月額1000円〜2000円程度に抑えても、このサイトのような見栄えの良いビジネス風のホームページを持つことができます。

 

もちろん、初期費用をかけすぎるのも論外ですし、1サイトにつき5000、6000円など安くない月額費用を払い続けるのも、後々自社の経営を圧迫してくる可能性が考えられます。
当サイトで推奨しているのは、高額な製作費を払ってホームページ作成業者に依頼するのではなく、1から自社のホームページを自分たちで作っていく方法です。

 

初期費用としてホームページ作成ソフトの費用が2万5000円ほどかかってきますが、それ以外だとレンタルサーバー代として1000円程度の月額料金で、自社のホームページを複数サイト運用することができます。

 

詳しくは下記をご確認ください。

 

 

上限は月額1000〜2000円程度

結論的には、中小企業がHPに投資してもよい費用は、どんなに複数のホームページを今後運用したとしても、月額費用として1000円〜2000円程度になってくるかと思っています。

 

・名古屋支店用のホームページを新たに追加作成しても
・香港支社のホームページを新たに追加しても
・英語圏の人に見てもらうための、英語表記のホームページを新たに立ち上げても
・社長ブログを立ち上げても
・自社製品の販売専用のサイトを新たに運用しても

 

当サイトで紹介している方法であれば、レンタルサーバー代の月額費用1000円〜2000円程度以外にはほぼ発生しません。
レンタルサーバーごとに異なりますが、制限数の範囲内であれば、複数サイト立ち上げても、追加で月額費用が発生することはありません。

 

独自ドメインは必要に応じて取得すればよいと思います。

 

 

ホームページ作成の初期費用に50万円以上もHP作成業者に支払うとか、ホームページ1つあたりに4000円、5000円などの月額料金をWEB制作業者に支払うとか、WEBコンサルタントに、WEBコンサル費用を月額数万も払うとか、お金がもったいないので、あまりお勧めはできません。