会社のホームページの作り方

MENU

会社のホームページの作り方

一昔前、ホームページは、HP作成業者にお願いして作ってもらうのが主流でした。

 

理由は簡単で、ホームページを自分で作るのが難しかったからです。

 

また何とかホームページを自力で作ってみても、とてもじゃないけど見た目がビジネス用のホームページに見える代物に作ることが非常に困難な時代だったからです。

 

ですが、時代は大きく変わりました。

 

具体的に言うと、ここ数年で大きな技術革新がインターネット上で起きたのがきっかけです。それは

 

・高機能で格安なレンタルサーバーの出現
・簡単にビジネス用途のホームページが作れるソフトの出現

 

の2つといっていいでしょう。

 

別の言い方をすると、今現在この2つがそろっているため、高額な料金を払ってHP制作業者やWEBコンサルタントにホームページを作ってもらう必要がまったくなくなったということです。

会社のホームページは自分で作りましょう。

そんなわけで、みなさんは会社のホームページは自分で自力で作りましょう。

 

高いITの技術力がなくてもビジネス用途のホームページは作れます。

 

無料ブログで日記を書いたことがある経験があるのであれば、追加で必要な知識はそれほど多くないと思います。

 

また、自分で事業を起こされている経営者の方であれば、自分でホームページを作るために必要な、追加の知識はすぐにマスターできると思います。

 

それでは当サイトで紹介しているホームページの作成方法に必要となる技術について簡単に書いてみたいと思います。

ホームページを自分で作るために必要な知識

それでは、インターネットで天気情報をチェックしたことがある人、無料ブログで日記を書いたことがある人が自力でホームページを作るとして、それ以外に必要となる知識をちょっと書き出してみたいと思います。

 

 

1.FTPソフトの設定
これは、ホームページ作成ソフトで作ったデータファイルを、インターネット上にアップロードするために必要な設定になります。
設定には、
・利用しているレンタルサーバーのIPアドレス
・利用しているレンタルサーバーにログインするID
・利用しているレンタルサーバーにログインするパスワード
が必要になりますが、これらの情報はすべて利用しているレンタルサーバーの管理画面などで確認することができます。

 

2.独自ドメインの設定
ホームページ作るのに、独自ドメインは必須ではありませんが、企業用のホームページとなると、名刺に自社のホームページのURLを記載したりする必要があるので、独自ドメインを取得することになります。
それを自社のホームページに設定する必要が出てきますが、これは、通常レンタルサーバーの管理画面にURLを書き込んで保存するだけ、設定は完了します。

 

レンタルサーバーのマニュアルにも載ってますし、まったく問題ないと思います。

 

その他、ネームサーバーの設定、DNSサーバーの設定が必要になるケースもありますが、それらもすべてレンタルサーバーのオンラインマニュアルに記載があります。

 

グーグルやヤフーで「ネームサーバー 設定方法」などで検索しても、かなりのやり方を調べることができますので、問題ないんじゃないかと思います。

 

その他、HTMLやCSSといったホームページを構成するプログラム言語がありますが、これは覚えなくても、ビジネス用途のホームページを作成する師匠にはなりません。

 

無料ブログで日記を書いたことがある人であればわかると思いますが、シリウスなどのホームページ作成ソフトにもエディター機能がついているため、文章を書き込むだけで簡単にホームページを作成することができます。

 

 

以上が、当サイトでお勧めしている
ホームページ作成ソフト+格安レンタルサーバー
を使ってホームページを作成するために必要な技術になります。

 

今見ていただいているこのホームページもそのやり方で、基本的な内容は数時間で作成したものになります。どうでしょう簡単ではありませんか?

 

それ以外の作成方法だと、ワードプレスでホームページを作る方法もあります。
これであれば、FTPソフトの設定すら必要なくなります。

 

無料ブログの機能がワードプレスに置き換わっただけです。

 

無料ブログで日記を更新するようなイメージでビジネス用途のホームページを作成したいのであれば、ワードプレスを使ってビジネス用途のホームページを自分で作る方法を下記にご紹介していますので、よかったらチェックしてみてください。