会社ホームページのコンテンツ、文章の書き方

MENU

会社ホームページのコンテンツ(文章)の書き方

レンタルサーバーを契約して、ホームページ作成ソフトを購入したら、いよいよ会社ホームページに命を吹き込んでいきます。

 

どういうことかというと、自社のホームページに文章を書いていくということですね。
一般的に、サイトのコンテンツを書いていくといった表現をすることが多いです。

 

サイトのコンテンツをこれから作成していくにあたり、多くの人が躊躇してしまうことに、「いったい会社ホームページに何を書いていけばいいのか」ということがあります。

 

私は、ホームページ作成会社に勤務していた時、お客さまに対してサイト作成の際の文章の書き方のアドバイスを行ったり、実際にお客様のホームページの文章を作成(ライティング)してきました。

 

そのため、どういったことを会社ホームページに書いていけばいいのか、注意すべき点やポイントなどをお伝えできると思います。

 

それでは、重要だと思うポイントから、思いつくまま書いてみたいと思います。

 

会社ホームページは日記ではない

 

アメブロや楽天ブログなどで、無料ブログを作成したことがある人に多いのですが、会社ホームページが個人の趣味や出来事をつづった日記になってしまっている場合があります。

 

中小企業や零細規模の企業のホームページで時々見かけます。
おそらく会社の社員が、何を書いていいかわからず、日々の出来事を書いてみたというところでしょう。

 

ですが、会社ホームページは日記ではありません。

 

会社のホームページには、仕事上の取引先や、御社の商品に興味のある、将来のお客様が訪れます。

 

そうした人たちの興味は、会社スタッフの日々の出来事ではなく、

 

・自社サービスの魅力
・他社商品と比べたときの自社商品の優位性
・会社の経営ポリシー
・社長のビジョン

 

といったところなのです。

 

つまり、御社はどういった会社なんですか?ってとこに興味があって、御社のホームページに訪れるのです。

 

ですので、うちの会社はこのような特徴のある会社ですよってことをホームページのコンテンツして書いていけば良いということになります。

 

読みやすさを意識する

 

よくWEB系コンサルタントに多いのですが、自分はさも物知りだといわんばかりに、仕入れたばかりの情報も含め、難しい専門用語を使いたがる人がいます。

 

ですが、その人のセミナーなどを聞いてみても、たいてい中身があまりありません。
ただ難しい言葉を早口で話して、自分の専門性をアピールしているだけです。

 

これはもう自己満足のレベルですね。
聞き手にわかりやすい言葉で話していない時点で、コンサルタント失格です。
3流以下です。

 

これと同じことが、ホームページのコンテンツ作成においても言えます。

 

つまり、アクセス者にわかりやすいような表現でコンテンツを作成していくことが何よりも大事だということです。

 

自社のホームページのサービスについて文章を書く場合、あなたが世界一詳しい専門家のはずです。

 

自分がいつも接しているサービスなので、自分では簡単な内容だと思っても、他の人からしてみれば、難しいと感じることは、本当に多いです。

 

なので、意識的に、よりわかりやすくサイトの文章は書いていかなければなりません。

 

読みやすさでいうと、堅苦しい文章よりも、話し言葉のような多少砕けた文章の方が、アクセス者からしてみると、読みやすい文章ということができます。

 

アクセス者にとって、読みやすいコンテンツを意識する

 

これを心がけてみてください。

 

 

御社やサービスの特徴を詳しく書く

 

会社ホームページへ訪問してくださる人で最も多いのが、御社のサービスに興味がある、将来のお客様や、今現在サービスを利用していただいている顧客、そして仕事上の取引先の方々だと思います。

 

そうした方がもっとも興味があるのが、

 

御社や御社サービスの特徴、強み、メリット

 

であることは、間違いないでしょう。

 

こうしたことを書いていない会社ホームページがとても多いです。

 

会社概要や会社案内だけのパンフレットのようなホームページでは、アクセス者の立場からすると、訪れる価値がありません。

 

短い滞在時間で、御社のホームページから去ってしまうでしょう。

 

そうさせないためにも、アクセス者が知りたいこと、つまり、

 

御社や御社製品サービスの特徴、メリット

 

をわかりやすく書いてみてください。

 

アクセス解析を見るとよくわかりますが、パンフレット系のホームページと、ぎっしりと御社の特徴、サービス、製品の強みについて書かれた会社ホームページは、アクセス者の滞在時間がまるで違います。

 

もし、そうした自社のことなので、近すぎて特徴や強みわからない、書けないというのであれば、既に取引のあるお客様に、

 

当社のサービスを申し込まれたきっかけって何だったんですか?

 

って聞いてみるといいです。

 

お客様の生の声ほど、御社のサービスの特徴をストレートに現しているものは他にないと思います。

 

そうした自社サービスの特徴について、会社ホームページに書いてみてください。

 

画像を多く使う

 

会社ホームページの中で、意外と重要になってくるのが「画像」です。

 

画像は、各ページの中で最低でも1〜2枚は使うようにしましょう。

 

理由は、自分がどこかのホームページにアクセスした時のことを想像するとよくわかります。

 

訪れたホームページが文章だけで作られていたらどういう感想を持ちますか?

 

文章が短ければまだいいですが、ただひたすら文字情報だけが長いページに、全く画像がないと、疲れて読む気が失せてきませんか?

 

ポイントポイントで画像を挿入することで、読み手にメリハリ感を伝えることができます。

 

例えば、会社概要のページに、資本金や売上高や住所などの文字情報だけを記載するのではなく、会社のビルの写真を撮って、会社の外観としてページ内にアップするだけで、ホームページの印象が全く異なってきます。

 

→従業員、スタッフページ作成のポイント

 

会社ホームページには画像を多く使う

 

これを意識して、会社ホームページを作ってみてください。