会社用ホームページの作成手順

MENU

会社用ホームページの作成手順

このサイトを見てくださっているほとんどが、これから法人用、会社用のホームページを作っていこうと思っている方だと思います。

 

当サイトでご紹介している会社用ホームページのイメージですが、会社の規模が、中小企業、零細企業、個人事業主を想定しています。

 

社員数でいうと、従業員1人〜200人位の企業さんを想定しています。
ただし会社のホームページに対するスタンスもあるので、一概に会社の規模だけで決める必要もないと思います。

 

逆に、社員規模数千人以上の大企業であったり、ブランド企業のコーポレートサイトであれば、当サイトでご紹介しているホームページ作成手法はお勧めできません。

 

例えば、ソニーであればソニーのブランディングを意識したホームページの見せ方がありますし、トヨタのショールームのサイトやブランド企業のグッチであっても同じです。

 

こうしたサイトであれば、ブランディング戦略の部分からサイトの詳細設計に落とし込んでいく必要があるため、それ専門のコンサルティング会社やデザイン会社やWEB制作会社に入ってもらって、時間をかけてコーポレートサイトを作っていくことになると思います。
当然ですが、予算も数百万〜数千万単位になると思います。

 

なので、法人用のホームページは現在選択肢は2つしかないというわけです。

 

中小企業、零細企業、個人事業主の法人用ホームページであれば、当サイトでお勧めしている手法がもっともコストパフォーマンスに優れた作成手法だとホム太は考えています。

最初にどのシステムでホームページを運用するか決める

まず最初に、どのシステムでホームページを運用するか決めます。

 

当サイトのこちらのページで、法人用のホームページを作成するやり方として3つの手法をお勧めしています。

 

1.格安レンタルサーバー+ホームページ作成ソフトの組合せ
1つ目が、格安レンタルサーバーとホームページ作成ソフト(シリウス)を組み合わせた手法です。HP作成の際の難易度も高くなく、複数のホームページを立ち上げても、追加料金がかからないのでこれがホム太的には、一番おすすめのやり方です。

 

→詳細はこちら

 

2.格安レンタルサーバー+ワードプレスの組合せ
2つ目が、格安レンタルサーバーとワードプレスを組み合わせた手法です。HP作成の際の難易度も高くなく、インターネット環境さえあれば、世界中のどのパソコンからでも、ワードプレスにログインして、ホームページを作成、更新することができます。

 

ホームページ作成ソフトとワードプレスでのホームページ作成、どちらがお勧めかといわれると、これは好みの問題になってきます。あまり迷わせても困ってしまうと思いますので、多くの作成者が納得のいくビジネス用のホームページを作成できるのは、ホームページ作成ソフトの方だと思います。
おそらく、ゆくゆくは複数サイトを運用したり、社長ブログや社員ブログなども、追加していくことになると思うので、そのいくつかをワードプレスで運用してみたらどうかなと思います。

 

→詳細はこちら

 

3.クラウド型CMSを使ったホームページ作成手法
3つ目が、クラウド型CMSを使ったホームページ作成手法です。
当サイトでは、ダントツでコストパフォーマンスに優れているグーペをお勧めしています。

 

最も簡単に迅速に法人用のホームページを立ち上げたいのであれば、この手法を使ったホームページ作成手法がもっともいいかもしれません。

 

ただし、デメリットもあります。
この手法を勧められるのは、まず自社のサイトを1つしか作成しない場合のみです。
クラウド型CMSでホームページを作ると、サーバーや更新システムの環境をすべて提供してもらえる代りに、サイト追加するごとに追加料金がその都度発生します。
また、1、2でお勧めした手法と違い、システムを手軽に変更することができません。
例えば、契約しているクラウド型CMSを解約して、作成したホームページをどこかの格安レンタルサーバーで運用したいと思っても、独自のCMSを使っているので、今のデザインのままホームページを移行することができないのです。

 

なので、限定的な状況下のみのお勧めとなります。
ただし、クラウド型CMSで作るのであれば、コストパフォーマンス的にダントツでグーペ1択だと思います。

 

→詳細はこちら

 

このように、まずは、どのように法人用のホームページを運用していきたいかを元に、上記の3つの選択肢の中から、自分にあったスタイルを選びます。

 

それでは、次に各ホームページ作成手法ごとの手順をご紹介します。

 

→○○○○を選んだ場合はこちら
→○○○○を選んだ場合はこちら
→○○○○を選んだ場合はこちら