法人ホームページを無料で作成できるか

MENU

法人ホームページを無料で作成できるか

このサイトでは、法人用のビジネス調のホームページを可能な限り安い費用で作成する手法をお話してきました。

 

おそらくコストパフォーマンスを考えても、これ以上おすすめな手法は残念ながらないと思っています。

 

ただ、巷には無料でブログやホームページが開設できるスペースもいくつかあるのも事実です。

 

ですが、このようなところで会社用のホームページを作るのは絶対にお勧めできません。
もし、大学のサークル活動のホームページや旅の日記ブログを作りたいのであれば、場合によっては検討してもいいかもしれませんが、法人用のホームページをこれらの無料サーバーで作るのは絶対にやめましょう。

 

こうした無料サーバー事業者もタダで膨大なサーバーデータを運営することはできませんので、無料であることには必ず理由があります。

法人用ホームページを無料サーバーで作るべきでない理由

無料サーバーでホームページを運用すると、たいてい下記のいずれかの症状に直面します。

 

法人用ホームページを無料サーバーで作るべきでない理由は、それらの症状の元、法人用のホームページを運用するのは致命的だからです。

 

一つ一つ具体的に見ていきましょう。

 

1.勝手に広告がランダムに表示される

 

なぜ無料なのにサーバー提供会社が無料サーバーをサービス提供できるかというと、多くの場合、広告収入が考えられます。

 

無料サーバーでブログやホームページを運用したことがある人であれば、ご存じだと思いますが、ホームページを表示させると、画面上のどこかに、見慣れない広告が表示されていることに驚いたことがあると思います。

 

それは、サーバーの利用料は無料にしてあげる代わりに、あなたのホームページ上にランダムに広告表示させてねということ。
もちろん、表示させる広告主から、無料サーバースペースの業者には広告費が支払われています。その費用で無料サーバースペースが運用できるというわけです。

 

ですが、考えても見てください。
みなさんが弁護士事務所を開業していたとして、事務所のホームページを作成したとします。

 

その弁護士事務所のホームページ上に、まったく弁護士業務と関係のない広告、例えばキャッシングやクレジットカード業者の広告が表示されたらどうでしょう。

 

その弁護士事務所的にのイメージは決して良くないと思います。

 

またたまに、アダルトの広告が表示される無料サーバーもあると聞きますから、そうなると事務所の信用問題にも発展しかねません。

 

そんなわけで、無料サーバースペースでは、法人用の会社のホームページを作成するのは絶対にやめておいた方が良いということです。

 

 

 

2.独自ドメインの設定ができない

 

これは技術的な側面ですが、独自ドメインの設定ができないケースが、無料サーバーを利用する場合には、よくあります。

 

単純に、そうした有益な機能はついていませんよ。無料ですからね。

 

ってわけです。

 

ご存じのとおり、法人用のホームページであれば、独自ドメインで運用するのが当たり前になってきつつあります。

 

独自ドメインは、名刺にも記載する会社のアドレスです。
そこの一部に業者のドメインが表示されてしまうのであれば、それこそ企業としての信頼性にかかわってきます。

 

独自ドメインの設定ができない無料サーバーが多い以上、無料サーバーで法人用のホームページを運用することは、まったくお勧めできません。

 

 

 

3.業者によっては、いきなりサイトを削除してくる

 

何の規約に抵触したのかわかりませんが、ある無料のホームページサービスを利用していていきなりサイトを丸ごと削除された人を何人か知っています。

 

一方、格安レンタルサーバーはお金をもらっていることが理由なのかはわかりませんが、自分のサイトをいきなり削除されたなんて話は今まで聞いたことがありません。

 

もちろん無料サーバーや無料ホームページスペースの全てがそうではないと思いますが、無料なんだから、利用者に気兼ねなく削除するというスタンスはいかがなものかと思います。

 

特に法人用のホームページであれば、削除されていることに気づいた後、新たなサーバーを契約してホームページのバックアップをアップロードする間、自社のホームページがこの世に存在しないことになります。

 

その間の見込のアクセスや問合せをすべてロストすることになるので、ビジネス上とても甚大な損失を被ることになります。

 

そうしたリスクのある無料スペースを利用することは、本当に危険なことだと思います。

無料サーバーは用途によって活用を決めるべし

現在、無料サーバーを開放している業者をいくつか紹介すると、有名なところだと、FC2ホームページ(FC2WEB)や、Yahoo!ジオシティーズ、XREA無料スペース、KDDI ウェブコミュニケーションズが運営するJimdo(ジンドゥー)、@pages(アットページズ)、@SITES(アットサイト)WEBCROW(ウェブクロウ)、デジデジ、忍者ホームページ、SITEMIX(サイトミックス)、AMS簡単無料ホームページ、Wix(ウィックス)、Webnode(ウェブノード)TOK2 FREE HOMEPAGE、Xdomain(エックスドメイン)・・・など多数あります。

 

こうした無料のサーバー、ホームページシステムの利用が全くお勧めできないといっているわけではなくて、あくまでも法人用のホームページに関しては、当サイトに記載している方法での作成がコストパフォーマンス的にもお勧めですよとお話ししているだけです。

 

趣味用のサイトやサークル活動のサイトなどであれば、上記の無料サーバーで事足りる場合もあると思います。

 

無料サーバー、無料ホームページはこのように、自身の用途に応じて活用を検討するのが良いと思います。

 

法人用のサイトはあくまでも、当サイトでご紹介している方法がダントツでお勧めです。