独自ドメインの決め方と注意点

MENU

独自ドメインの決め方と注意点

独自ドメインは、ホームページのアドレスです。

 

・yahoo.co.jp
・google.com
・00hp.net

 

上記は、いずれも独自ドメインになります。

 

この世の中に、同じドメインは2つ以上存在できないため、インターネット上で独自ドメインは完全ユニークな存在となります。

 

つまり、http://00hp.net という存在は、当サイト以外に他に存在しないというわけです。

 

どの独自ドメインですが、個人ブログの類であれば、特に設定する必要はないでしょう。

 

ですが、会社ホームページであれば、独自ドメインの設定は必須です。

 

一般的に、名刺に会社のホームページアドレスは記載しますし、他のドメインを間借りしてしまうと、会社の信頼性の低下にもつながる可能性があるからです。

 

そこで、ここでは独自ドメインの決め方と考えられる注意点についてお話ししたいと思います。

 

ドメインには種類がある。

 

先ほど、3つのドメインを紹介しました。

 

・yahoo.co.jp
・google.com
・00hp.net

 

この、co.jpやcomやnetの部分をトップレベルドメインと言いますが、このようにドメインにもいくつか種類があります。

 

上記以外にも、

 

.org
.info
.jp
.edu
.asia

 

・・・など多くの種類のドメインの種類があります。

 

当サイトは、00hp.netというドメインなので、ホームページのアドレスは

 

http://00hp.net

 

となり、メールアドレスを利用する場合であれば、

 

test@00hp.net

 

のように、00hp.netというドメインが使用されます。

 

会社のアドレスとして利用したいのであれば、

 

00hp.jp
00hp.co.jp

 

といったドメイン種類を選んでも良いと思います。

 

もし、自分の取得したかったドメイン名が他の人に取得されていた場合、ドメインの種類を変えると、取得できる可能性があります。

 

例えば、00hp.comを取得したかったけど、第三者に取得されていた場合、00hp.netなど、.netドメインを選ぶことで、希望するドメイン名が手に入るというわけです。

 

 

ドメインはあまり長くない方がいい。

 

ドメインは、自社のホームページのアドレスとして、名刺に記載する場合が多いというお話をしましたが、名刺交換した相手は、そこに書かれたドメイン名を手入力して、御社のホームページを閲覧するケースが多いと思います。

 

そんな時、もしドメイン名が長すぎると、手入力するのが大変ですよね。
スマートフォンで入力するのであれば、なおさら相手に手間を取らせてしまうことになります。

 

そういうわけで、ドメインはあまり長すぎない方が良いです。

 

御社をイメージできて、かつシンプルなものが良いでしょう。

 

 

商標違反に注意

 

空いてたらどんなドメイン名でもとることができるんでしょ♪

 

と何も考えずドメインを取得して結果、有名企業やブランド企業をはじめとした、商標や商号などの権利を持つ個人や企業や団体から、商標違反などと訴えられたり、思わぬトラブルに巻き込まれるケースがあるようです。

 

典型的な例としては、ブランド品の転売などを目的としたネットショップが、そのブランド企業の関連企業であるかのように自分のサイトを見せるために、そのブランド企業の社名を自サイトのドメインの一部に盛りこんでしまうケースです。

 

そのブランド企業としては、無関係の業者のそうした行為で損害を被ってしまうリスクがあるため、商標違反のドメインであると、紛争処理機関に申し立てるというわけです。

 

上記の例は、確かに悪意を持って商標が悪用された事例ですが、こうしたトラブルを防ぐためにも、これから取得を考えているドメインが、他者の利益や権利を侵害していないかを念のため、今一度チェックした後ドメインを取得するのが望ましいと思います。

 

 

 

日本語ドメインは避けた方が無難

 

一般的に、ドメインはアルファベット(とハイフンなどの記号の組合せ)表記
だと考えられていますが、日本語のドメインも取得することができます。

 

しかし、特別な理由がある場合を除き、アルファベット表記のドメインを取得した方が無難だと思います。

 

日本語ドメインだと、英語圏の方がアドレス入力するのも一苦労ですし、気に入った方が自社のホームページからリンクを張りたいと思っても、日本語ドメインだと、多少手間がかかるといったこともあります。

 

一般企業が日本語ドメインを利用しているケースをあまり目にしないため、アルファベット表記のドメインを取得した方が良いと思います。