WEBコンサルティングサービスは不要

MENU

WEBコンサルティングサービスは不要

ホームページを一度でも、HP制作業者に作ってもらった人であれば、WEBコンサルという言葉を一度は耳にしたことがあると思います。

 

 

業者のホームページのサービス内容項目に、例えば

 

WEBコンサルティングサービス・・・月5000円(電話、スカイプによるサポート)

 

などとあるのが、WEBコンサルサービスといわれるものです。

 

また、WEB集客支援セミナーなどに、たまたま参加した際に、セミナー講師が「実は弊社WEBコンサルティングサービスもやっておりまして・・・月額1万円からのサポートとなります・・・」などと切り出す場合もあります。

 

ときには、いきなり「こちら○○株式会社といって、WEBコンサルメインに行っている会社ですが、御社の集客支援のお手伝いをさせていただけたらと思い、お電話を・・・」という営業電話がかかってくる場合もあります、、

 

このようなWEBコンサル(WEBコンサルティング、人を指す場合WEBコンサルタントともよびます)とはいったいどのような内容(サービス)なのでしょうか。

WEB周りの集客支援サービスのこと

コンサルティングとは、wikipediaによると、「企業などのクライアントに対して、専門知識を活用するなどし、客観的に現状業務を観察し、現象を認識、問題点を指摘し、原因を分析し、対策案を示して企業の発展を助ける業務を行うことである。」とあります。

 

つまり、簡単に言ってしまえば、企業のビジネスがうまくいくためにサポートするのが、コンサルティングをするコンサルタントの仕事だということができます。

 

この範疇をWEBに限定したのが、WEBコンサルタントです。

 

つまり、企業のWEBを活用した集客支援などのアドバイスを行うのがWEBコンサルティングというサービスの現状だと思ってもらって間違いないです。

 

そのWEBコンサルティングってサービスですが、ウェブ太的には、もはやお金を払って受けるほどのサービスだとは思っていません。

 

理由を説明しましょう。

WEBコンサルいなくても情報が簡単に手に入る

WEB上での集客支援含めた活用法ですが、実はやり方自体の情報は簡単に手に入ります。

 

本屋やamazonで「WEB活用」「WEB集客支援」「ホームページの活用法」「ネットショップ集客方法」「WEBマーケティング」「SEO対策」などのキーワードで本を数冊購入してください。

 

決して内容は難しくないです。
じっくりと読み込んで、内容を理解した後、ゆっくりとしたペースで問題ないので、自社のサイト上に反映させてみてください。

 

またそれに加え、WEBマーケに関する様々な情報は、詳しい人が自身のツイッターやフェースブックやブログ上で無料で配信しています。

 

そうした人の情報を時々アップデートすることで、WEBコンサルに高いお金を払うことなく、簡単に自社のWEB周りのアクセス数や反響、成約数を伸ばすことができます。

 

このように、WEBコンサルなどいなくても、ホームページの有益な活用情報は簡単に手に入るとうわけです。

有料のWEBコンサルサービスを利用したいと思っている人へ

今まさに有料のWEBコンサルサービスを利用したいと思っている方へ確認してもらいたいのは次の点です。それは

 

実際に「御社の有料のWEBコンサルサービス」を申し込むことでどんなことやってくれるの?

 

ってことを、業者に確認して納得したうえで、WEBコンサルサービスに申し込んでほしいということです。

 

・月次アクセス解析レポート
・スカイプコンサルティング

 

・・・
などいろんなサービス内容を提示されると思いますが、結局、うちの会社にとって、どういうメリットがあるの?ってとこが納得できないうちは申し込むとのちのち後悔すると思います。

 

特にアクセスアップに必要な、SEO(検索エンジン上位表示対策)については、業者や自作自演による外部リンク対策は、グーグルが禁止している内容となり、発覚するとペナルティーを食らいます。

 

ペナルティーにより、アクセスがほぼなくなるケースもあるので、そうしたSEOをコンサル業者に依頼するのであれば、それ相応の覚悟が必要になります。

 

また逆に言うと、SEOなしのWEBコンサルなど、お金を払う価値が本当にあるのかどうか、改めてじっくりと考えた方が良いと思います。

特に難しい言葉を使いたがるWEBコンサルタントに要注意

WEBコンサルタントって、初期投資が少なくてもサービス展開できるので、割と小規模の業者や一人社長、個人事業主が多いです。

 

そんなこともあり、ブログやフェイスブックページやツイッターなどで、WEBコンサルタントの代表者が、WEBマーケティング情報を、海外から引っ張ってきた情報を、難しい言葉で、さも希少な情報のように配信しています。

 

が、ただのSEOやコンテンツマーケティングやソーシャルツールを絡めた集客支援サービスです。

 

難しい言葉を使用することで、自分ってすごいと周りに思わせてる節がありますので注意が必要です。

 

わかりやすい言葉で表現できないコンサルタントは、コンサルタント失格なので、他のわかりやすいWEBマーケッターから情報を仕入れるようにした方がいいです。

WEBコンサルタントって自身の実績はあるの?

WEBコンサルタントって、ホームページの自身のプロフィール欄に、これまでの自分の実績をアピールしています。

 

WEBマーケティングのコンサルタントですからね。
自身のWEBページもしっかりと活用しているというわけです。

 

ですが、その内容をよく見てください。
その実績って、本当にそのWEBコンサルタントの力で勝ち取った実績ですか?

 

そのWEBコンサルタントが所属している会社がお客さんを多数勝ち取ってくれたから、結果として残せた実績ではありませんか?

 

また、WEBコンサルの内容は平凡で汎用的な内容であっても、お客さん自身が行動して勝ち取った実績ではありませんか?

 

よく吟味してください。

 

・WEBコンサルサービスって具体的に何をしてくれるの?

 

・WEBマーケティング情報って、自分たちで手に入れることができない希少なものなの?

 

ブランディングされたWEBコンサルタントのいうことを過剰に受け止めては、貴重なお金を無駄にします。

 

中小企業、零細企業、個人事業主の内部留保の使い方は、非常に重要です。

 

自社のお金の使い方として、何が重要なのか、どこに投資するのが適切か

 

よく考えてから、WEB周りの有料サービスの利用を決断するのでも遅くはないと思います。

 

そうしたわけで、ウェブ太的には、中小企業経営者が、WEBコンサルサービスに貴重なお金を払う必要は一切ないと思っています。

 

月額費用の掛かるサービスに申し込むときは、一度立ち止まってじっくり検討する必要があると思っています。