行政書士事務所のホームページを、できるだけ予算をかけずに低コストで、作るのであれば、ホームページ作成ソフトSIRIUS(シリウス)を使ったホームページ作成がダントツでお勧めです。

もし、WEB制作業者に行政書士事務所のホームページ作成をお願いするのであれば、それなりにコストを支払わなければなりません。

ホームページの文章からデザインまで全てHP制作業者に作ってもらう場合、安いところでも初期費用50万円以上は見込んでおいた方がいいと思います。

外側のデザインだけ用意してもらうのであれば、初期費用数万円程度で用意してくれるところもありますが、システムを業者側で管理しているところが多く、1サイトにつき、月額利用料で5000円~8000円ほど取られます。

行政書士事務所としての業務を考えると、会社設立、起業支援サービス、遺言相続支援、交通事故後のサポート支援など様々だと思います。

各々の業務のニーズが増えていくと、業務ごとにホームページを複数持つのが自然な流れになってくるでしょう。

例えば、事務所近くの都道府県に住んでいて会社作りたいと思っている人を、自分の行政書士事務所に誘導するためです。

行政書士事務所としての総合サイト(事務所案内サイト)だけでは、個別の業務ごとの集客を考えると、不十分ですからね。

ですが、新しいサイトを立ち上げるたびに、ホームページ作成業者に管理費を上乗せして支払うのでは、将来も含めトータルで支払うコストが膨大なものとなってしまいます。

WEB制作会社による、1サイトの月額管理料金が6000円だったとして、

・行政書士事務所サイト
・会社設立支援サイト
・遺言状作成支援サイト
・建設業許可申請サポートサイト
・各種助成金・補助金申請代行サポートサイト
・帰化申請・ビザ取得サポートサイト

たとえば、上記6サイトを行政書士事務所として運営していくとすると、上記業者に支払う月額管理料金は、36,000円になります。

そうすると、1年で432,000円。10年運用を続けると、トータルで税別432万円もWEB制作会社に支払うということになります。

こうした将来にわたってのトータルの支出を考えて、1から自力で行政書士事務所のホームページを作成する方も増えてきています。

このサイトでご紹介しているやり方は、購入したホームページ作成ソフトSIRIUS一から自力で行政書士事務所のホームページを作っていただくことになります。

出来上がったホームページは、エックスサーバーをはじめとした格安レンタルサーバーを各自で契約していただき、そのサーバー上で行政書士事務所サイトを運用していくことになります。

行政書士事務所のホームページを、業者に頼らず自分で作っていくとき、もっとも重要になってくる点について書いてみたいと思います。

直観的に作れるホームページ作成ソフトを選ぶ

私はホームページ制作業者で技術者として10年近く働いていました。
職業柄、本当にあらゆるホームページ作成ソフトを見てきましたし、この手で試してきました。

その結果、ホームページ制作業者やIT系のエンジニアではない方がホームページを作るとき、一番大事なことは、

簡単に短時間で直観的に作れるホームページ作成ソフトを選ぶこと

これに尽きると思っています。

行政書士事務所サイトにもフィットするビジネス用デザインがそろっているホームページ作成ソフトも、SIRIUS以外にも2,3心当たりがあることはあります。

ですが、それらのホームページ作成ソフトでは、「SIRIUS」ほど直観的に短時間でホームページを作ることはできないと感じています。

そのうえ、作成ソフト代が高かったり、月額料金を毎月数千円取るようなソフトまであって、やはりSIRIUSが総合的にダントツでおすすめできるホームページ作成ソフトだなと確信しています。一度購入すれば、基本的には月額料金などは発生しないですからね。

レンタルサーバー選びに注意する

レンタルサーバーの料金は、結構幅があります。
レンタルサーバーは、月額料金を数か月単位、1年単位で支払う形式が多いのですが、月額料金に換算すると、安いところだと数百円からレンタルできるサーバーもあります。

→ 数百円単位で借りれる超格安レンタルサーバー

ただし、安すぎる月額数百円台の超格安レンタルサーバーに十分注意した方がいいです。

行政書士事務所のホームページを運用するサーバーとしては、あまりお勧めはできません。

まず、そうした超格安レンタルサーバーは、サーバーの性能が比較的低いものが多く、処理速度、パフォーマンスが期待できません。

その一例をあげると、まずホームページの表示速度がかなり遅いです。
今のネットユーザーは、快適なネット環境になれているため、サイトがなかなか表示されないと、ストレスを感じてイライラし、そのホームページから離脱してしまいます。

そうなると、商売的には大切な将来のお客様をロストしてしまうことにもなりかねません。

行政書士事務所のホームページを作るのであれば、最低でも月額1000円程度はかけたいところです。

複数サイト作っても追加料金がかからないか

先述の通り、行政書士事務所として将来的に複数サイト運用するかもしれないことを念頭に置いておいたほうがいいでしょう。

そんな時のことを考えて

複数サイト運用しても、追加料金が発生しないレンタルサーバー

を選ぶようにするのが、トータルコストを考えたとき後々とても大事なポイントになってきます。

そうしたことを考えると、一番スタンダードなレンタルサーバーとしては、月額料金が1000円のエックスサーバーがもっともおすすめなレンタルサーバーになるかなと思います。
もちろん、エックスサーバー以上にハイスペックなレンタルサーバーもたくさんありますが、まずはスタンダードレベルではエックスサーバーがおすすめであるということを基準にしていただくと、レンタルサーバー選びがシンプルになってくると思います。