ホームページ詐欺という言葉が社会現象となった時代がありました。
少なくなっただけで、今でも当たり前のようにホームページ詐欺は横行していると思います。

少なくなった理由は、たぶんインターネットや閲覧する端末の技術革新が発達したことによって、だれでも情報を簡単に収集することができるようになったからだと思います。

知らない相手に付け込んで、高い商品を売り込むこと

これが詐欺の定義です。

結婚詐欺や振り込め詐欺は論外ですが、実際のビジネスにおける詐欺では、このようなあからさまな詐欺よりも、情報弱者をターゲットにして、金儲けをたくらむ詐欺的商法の方が多いです。

これはホームページ作成サービスについても同様で、

知っていれば、絶対に契約しなかった値段でホームページを売りつける行為

がホームページ詐欺といっていいと思います。

もちろん詐欺の程度はさまざまだとは思いますが、知らない相手の付け込むというところがポイントです。

情報収集力を高め、選択肢の幅を広げることが大事

残念ながら詐欺から身を守るためには、自分自信の情報収集力を上げるしかありません。
多くの情報を持っていれば、それだけ選択肢の幅も広がります。

他のサービスの方が良いと実感できれば、たとえ詐欺のようなサービスを提案されようとも、瞬時に断ることができます。

売買契約が合法的に成功している以上、法律上の詐欺には該当しないケースがほとんどだからです。

ここでいう情報とは

どうすれば、できるだけ安い値段で法人用のホームページを持つことができるか

これに関する情報です。

こういう情報を知っている前提で、HP制作業者にホームページを依頼するのであれば、何らかの別の事情があってお願いするということなので、まったく問題ではないと思います。

ホームページを業者に丸投げするのはやめましょう。

ですが、自分でホームページを一から立ち上げるのは、素人には難しすぎるからお勧めできませんと、いわばマインドコントロールしておいて、自社のWEB制作サービスを申し込ませるのは、正確な事実を伝えていない、自社に有利な情報を意図的に流している時点で、詐欺行為に近いと思いませんか?

そういう業者が年々増えてきているということは、はっきり言ってホームページ制作業界は飽和しているということです。

倒産しているホームページ制作会社も年々増えてきています。

そんないつ倒産するかわからない業者でホームページをお願いしたくないですよね。
システムにもよりますが、制作業者が倒産した場合のホームページの移管作業などもかなりの労力を要します。

それであれば、自力で法人用のホームページを立ち上げましょう。

業者でホームページを作ってもらったことがある人であればわかると思いますが、自分でサーバー借りてホームページ作った方が管理がはるかに楽です。

当サイトでは、そうした法人用ホームページを自力で格安で作る方法をご紹介しています。

とにかく、詐欺的な手法に騙されて、ホームページを業者に丸投げするのだけはやめましょう。

ホームページ詐欺に遭わないために

ホームページ詐欺に遭わないためにはどうしたらいいのでしょう。

ホームページ詐欺にあわないための一番のポイントは

・WEB制作業者にホームページ作成を依頼しない
・自社ホームページを自前で持つことで、管理コストを極力減らす努力をする

といったところだと思います。

費用対効果のないサービスにお金を払わない
ということを徹底すると、おのずとホームページ制作業者に会社のホームページ作成を依頼しないという結論に達する人も多いと思います。

ビジネスデザインの会社ホームページを、コストをかけずに1から自力で作成する方法がある以上、自分で会社ホームページを管理して作っていった方が、ホームページ詐欺に引っかかるリスクもなく、満足のいく自社ホームページ運営をすることができるのではないかと思います。