ホームページ制作を業者に依頼したくない最大の理由がバカにならないホームページの月額維持費にあります。

高い業者だと月10,000円以上。安い業者でも月4000円~5000円のホームページ月額維持費を取りますね。

ホームページ維持費とはそもそも何だと思いますか?

一昔前までは、「ホームページ維持費=サーバー使用料」という見せ方をしている業者が多かったですが、最近だと高機能レンタルサーバーが格安で使えるようになってきたこともあって、「ホームページ維持費=サポート費用」という見せ方をする業者が増えてきました。

でもそもそもホームページを維持するのに有償のサポートって必要なんでしょうか。

ホームページは月額維持費が最大のポイント

自社の法人用ホームページを運用するときもっとも気を付けなければならないポイントはどこにあるのでしょうか。

私が思うに、それはホームページを運用するために必要な維持費だと思ってほぼ間違いないです。

HP制作業者にホームページ作成を依頼する場合、確かに初期費用に最初に目が行きます。
・初期費用3000円か、そうか、結構安いんだな。
・初期費用50000円か、、なんだよ、結構高いんだな。

でも、必ずトータルで必要になってくる維持費を意識するようにしてください。
月額でいくら利用料を支払わなければならないのか、年間トータルするとどの程度の経費が掛かってくるのか。

会社だから、月額費用5000円の利用料を安いと感じますか?
年間にすると、初期費用を除いても、60000円になってきます。

ゆくゆくは、複数サイトを運用していく企業がほとんどだと思うので、仮に5サイト運用するとしたら、初期費用を除いたホームページの維持費用だけでも、月額25000円、年額にすると、300000円もかかってくるのです。

先ほどホームページは、その維持費用が最大のポイントだと言ったのは、そういうところに意図があります。

HP制作を業者に依頼すべきでない理由

このサイト全体を通して、私は一貫して中小企業、零細企業、個人事業主の規模のホームページであれば、HP制作業者に依頼する必要がないと言い続けてきました。

その理由は、こうしたホームページ維持費がかかってくるからというのが、一番の理由です。

初期費用で数十万以上取ることで、初期費用でがっぽりとってく業者もあれば、月額費用を1サイト5000円程度とることで、後々じわじわとボディーブローのように、維持費がかさんでくる業者もあります。
また、WEBコンサルティング費用ということで、その月額料金に数万円上乗せすることを提案してくるWEBコンサル屋もいます。
さらに、ライティング費用として、ページを追加するごとに数万円かかってくるケースもあります。

自社のホームページに一番詳しいのは、みなさんです。
相手がプロのライターだからと言って、その分野に無知な人間に、サイトの文章作成を任せるのはやめませんか?

アクセス者に読みやすい文章を心がければ、ライターに記事作成を依頼する必要などありません。

それ以外にも、業者がシステムを管理しているケースが多いので、

・WEBページを更新するのに別途料金が発生したり
・独自のシステムなので、解約の際のホームページの移行が手間だったり

デメリットは数知れずです。

今一度思い返してみましょう。
みなさんの会社はそれぞれに事業を行っています。

もっともお金を費やすのは、その事業本体への投資だったり、その事業を推進するために必要な人材への投資だったり、事務所など必要不可欠なものへの投資であるはずです。

もちろん、会社のホームページもとても大事な存在の一つであることに変わりはありません。しかし、不要な出費はしないに越したことはないです。

ホームページって素人が作るのは難しいですよ

って前提条件を勝手に作っちゃうのが、HP制作業者の常套手段です。

その上で、他の制作業者でホームページを作ると数百万かかります。なので、弊社で作りませんか?

といった具合にたたみこみます。

まずは、その前提条件から疑ってみませんか?

今の時代、ビジネス用途の法人ホームページだって、素人が簡単に作れちゃうものなのです。

法人用ホームページは1から自分で作りましょう

結論としては、法人用ホームページであっても、1から自分で作ることをもっともお勧めします。

WEB制作業者に丸投げするのではなく、自分の会社で1からホームページを作っていくのです。

自社で1からホームページを作るのであれば、驚くほどコストがかかりません。具体的に発生する料金を見ていきましょう。

1.ホームページ作成ソフトを購入します。

ホームページ作成ソフトシリウスが2万5千円(機能制限版で1万8千ぐらい)ほどしますが、購入料金が最初にかかるのみで、他に料金は発生しません。

2.レンタルサーバーを契約します。

レンタルサーバーは月額1000円ほどでスペックの高いサーバーがレンタルできますし、レンタルサーバー契約後に何個追加でホームページを作成しても、追加料金はかかりません。

つまり、自社のコーポレートサイト(メインサイト)作成後に

・新潟支店のホームページを追加で作成しても
・海外のお客様向けの英文のホームページを追加で作成しても
・自社商品を販売するためのホームページを追加しても
・従業員ブログや社長ブログを作成しても

追加料金は一切かからないということになります。

コストメリットが非常に高いですよね。

3.独自ドメインを取得します。
独自ドメインは、ホームページの名前の部分なので、取得しておいた方が良いでしょう。独自ドメインを取得しなくても、ホームページ自体はできますが、名刺に自社ホームページのURLを記載したりするため、独自ドメインを取得しておいた方が良いでしょう。
ドメインとは、「yahoo.co.jp」や「google.co.jp」や「sony.co.jp」のようなホームページを閲覧するために、入力する文字列のことです。

当サイトであれば、「00hp.net」ですね。

維持コストは年間1000円程度ですので、大した出費ではありません。

主な出費はこのぐらいだと思います。
ホームページの外枠デザインも、ビジネス用のデザインがホームページ作成ソフトに複数種類用意されてますし、新たにデザイナーに依頼して作ってもらう必要もないと思います。

その後、購入したホームページ作成ソフト(シリウス)上でサイト用の文章を書いて、FTPソフトを使って、アップロードすれば、少しずつ会社用のホームページが出来上がります。

外枠のテンプレートやヘッダー画像は若干異なりますが、いまご覧になっているこのサイトのようなイメージのサイトが出来上がります。

自社ホームページに書く文章が決まっているのであれば、多少の誤差はあると思いますが、半日もあれば法人用のホームページがほぼ完成するのではないかと思います。

将来複数サイト持つことになったら莫大なコストに

そして、これは1サイトのみの価格です。
10周年迎える企業であれば、地方に支店を持っていたり、海外向けのサイトを別に作成していたりするものです。主力商品の紹介に特化したサイトも別サイトとして作っているかもしれません。

これらのサイトが仮に合計で10サイトあったとすると、10年間運用したとして、単純計算とはなりますが、その合計は720万円ほどにもなります。

月額サービスとして

・サーバー利用料
・サポート費用
・SEO対策費用

などがが入っていても

そもそも必要ないし、そんなの必要に応じて自前で用意するよ。

って思う人たちが年々増えてきました。

さらに、このような独自システムを使ってホームページを作った場合、汎用性がないため、せっかく作ったホームページを別のレンタルサーバーに移行するのがものすごく大変な場合が多いことに利用者は気づき始めました。

こうしたことを考える利用者が少しずつ増えてきたため、このような独自CMSシステムによる月額課金タイプのホームページ制作サービスはちょうど2010年初期ごろには少しずつ衰退期を迎えてきます。