グーグル(Google)やヤフー(Yahoo)といった検索エンジンの検索結果で、自社のホームページが上位表示されると、それだけアクセス者が増えることになります。

そうした検索順位の上げ方については、注意事項がいくつかあるので、ここで少し詳しく書いてみることにします。

ポイントは、自作自演はダメだということです。

他のサイトからリンクをもらうことについて

いいことが書かれているサイトを見かけたら、自分のブログなどからリンクを張ってみたって経験がある人、多いと思います。

これはとても自然な現象です。
自分のブログを見ている人に対して

このホームページ面白いよ!!後で見てみて!

と紹介したいからリンクを貼るということです。

検索エンジンは、2014年現在に至るまで、他の様々なサイトからリンクをもらうことを価値があることとして評価していました。

価値がホームページなので、検索結果での順位を上げるということです。

自作自演のSEOは危険

ですが、この結果、このアルゴリズムを逆手にとって、自作自演して意図的に検索結果の上位に表示させようとする、業者や個人が多数あらわれました。

これが、自作自演SEOです。

SEOとは、検索エンジン最適化のことなので、自作自演で検索エンジンの順位を上げようとするこういを自作自演SEO対策といいます。

ブラックハットSEOとも呼ばれており、今グーグルやヤフーといった検索エンジンがもっとも忌み嫌っている手法です。

結論から言うと、自作自演のリンク対策、つまり自分で検索結果の上位表示のために、外部リンクを増やす行為は絶対にやめましょう。

ペナルティーをもらって、会社ホームページが検索結果から消えてしまう事態になりかねません。

グーグルは自作自演SEO対策にペナルティーを与える

自作自演のSEOにはペナルティーを与えるとグーグルは公言しています。

つまり、自分やSEO業者を使って、会社ホームページに自作自演のSEOを施した場合、グーグルにばれたら、罰を受けるということになります。

どのようなペナルティーを受けるかというと、自サイトの検索順位をとんでもなく下げられるケースが多いです。

またそれだけでなく、会社ホームページ内の一部のページが検索結果に表示されなくなる場合もあります。

そのようなサイトが、たくさんあることを私は知っています。

Googleは世界最大のテクノロジーを持つ企業です。
SEO施策業者などの、WEBに多少詳しい企業が、ばれないようにSEO対策を施したからと言って、早かれ遅かれ、グーグルにバレてしまうでしょう。

そうしたら、今まで愛情込めて育ててきた、会社サイトは恐ろしいペナルティーを受けることになります。

最悪の場合、自社オリジナルの商品名で検索しても、検索結果の上位に表示されなくなります。

このような恐ろしい目に合わないためにも、自作自演のSEOを行わない、依頼しないのが、長期的に見ても賢い判断だと思います。

→ グーグルがSEOを嫌う理由

外部リンクをもらうために

ですが、外部リンクをもらうことが重要であることに変わりはありません。

自然な外部リンクをもらうということは、御社のホームページをいいな!って思って紹介しようと思っている人がいるということです。

グーグルは、そうした自然なリンクをもらう現象を、当然ながら今でももっとも重要だと考えています。

自然なリンクをもらうサイトは評価の高いサイト

この基準は今も変わっていません。

つまり言い換えると、

自然なリンクをたくさん張ってもらえるような、価値のあるホームページを作っていこう
この考えが、会社ホームページを作るうえで、もっとも重要で価値のある考えになります。

そのような考えのもと、つくられた会社ホームページには、きっと自然なリンクが集まってくると思います。

そうしたホームページをグーグルもヤフーも、価値の高いサイトとして評価しているのです。

アクセス者にとって、価値の高い会社ホームページを作る。

これを、もっとも重要な指標として、法人サイト作成を進めていくことが大事になってくると思います。