中小企業が自社の法人用サイトにいったいどのぐらいまでであれば投資しても良いのか。
これは、ある程度ホームページを作る前に考えておいたほうが良いでしょう。

あくまで目安として考えていただきたいのですが、自社のすべてのホームページ、ブログ含めた維持費の総額を、月額1000円~2000円程度に抑えても、このサイトのような見栄えの良いビジネス風のホームページを持つことができます。

もちろん、初期費用をかけすぎるのも論外ですし、1サイトにつき5000、6000円など安くない月額費用を払い続けるのも、後々自社の経営を圧迫してくる可能性が考えられます。
当サイトで推奨しているのは、高額な製作費を払ってホームページ作成業者に依頼するのではなく、1から自社のホームページを自分たちで作っていく方法です。

初期費用としてホームページ作成ソフトの費用が2万5000円ほどかかってきますが、それ以外だとレンタルサーバー代として1000円程度の月額料金で、自社のホームページを複数サイト運用することができます。

詳しくは下記をご確認ください。

上限は月額1000~2000円程度

結論的には、中小企業がHPに投資してもよい費用は、どんなに複数のホームページを今後運用したとしても、月額費用として1000円~2000円程度になってくるかと思っています。

・名古屋支店用のホームページを新たに追加作成しても
・香港支社のホームページを新たに追加しても
・英語圏の人に見てもらうための、英語表記のホームページを新たに立ち上げても
・社長ブログを立ち上げても
・自社製品の販売専用のサイトを新たに運用しても

当サイトで紹介している方法であれば、レンタルサーバー代の月額費用1000円~2000円程度以外にはほぼ発生しません。
レンタルサーバーごとに異なりますが、制限数の範囲内であれば、複数サイト立ち上げても、追加で月額費用が発生することはありません。

独自ドメインは必要に応じて取得すればよいと思います。

ホームページ作成の初期費用に50万円以上もHP作成業者に支払うとか、ホームページ1つあたりに4000円、5000円などの月額料金をWEB制作業者に支払うとか、WEBコンサルタントに、WEBコンサル費用を月額数万も払うとか、お金がもったいないので、あまりお勧めはできません。

大企業はホームページにお金をかけろ

ここまで、法人用のホームページを可能な限りお金を使わずに作るべきというお話をしてきました。

ただし、それは中小規模の企業、零細規模の企業、士業のサイト、社長一人で切り盛りしている会社、個人事業主が対象なのであり、大手企業のホームページとなると話は別です。

また、グッチやエルメス、ルイヴィトンといった、サイト上でも高度なブランディング戦略が必要な高級ブランド企業も対象外です。

逆説的になりますが、こうした大手企業や高級ブランド企業こそホームページにお金をかけるべきなのです。

サイトブランディングにはいろんな仕掛けが必要

サイト群A
・名古屋の駅前の税理士さんのサイト
・広島市の歯医者さんのサイト
・仙台市の工務店のサイト

サイト群B
・グッチのサイト
・日産のショールームのサイト
・ソニーのプレイステーションのサイト

サイト群AとBは何が違うのでしょうか。

違うのは、ホームページ(サイト)の目的です。

最終的に、サイトを見てくださった人に、どういったアクションをとってほしいのか。

そこが違うのです。

サイト群Aは、お客さんにサイト内の情報を知ってもらって、自社のサービスに誘導することが目的になります。

仙台市の工務店であれば、自社のサイトを見た、壁の塗り替えを検討している仙台市内の人に、問い合わせやサービス申し込みをもらうことを目的にしています。

一方の、サイト群Bですが、これはアクセス者に対して、自社のサービス、製品が非常に価値のあるものだと認識してもらうことを第一の目的にしていると思います。

上記例に挙げたサイトの意図は、その企業にしかわかりませんが、私が個人的は少なくともそのように推測しています。

そのサイト上で可能な限り日産車を売るということではなく、ああこんなに日産車はかっこいいんだ、ちょっとショールームへ行って、試乗してみたいな!
というのがおそらく一番の目的なのだと思います。

ですので、サイト群Bは文字量がすごく多いというわけではないと思います。
文字で説得するというよりも、画像や動画やサイト全体のデザインを通して、感覚的にメリットを分かってもらうということだと思います。

なので、社内の人間が一人で作るというよりは、そうしたブランディング戦略を得意とする、コンサルタント、デザイナー、ホームページ制作業者に入って、時間とお金をかけてサイトを作っていくことになります。

このように、今の時代の企業ホームページは作成方法によって大きく2つに分けられています。

まずは、自社のホームページの目的はどこにあるのか。

そこをはっきりさせれば、どのようにホームページを作っていくのが自分や自社にとってもっとも適切なのかがわかってくると思います。

そのうえで、ホームページを作る第一歩を踏み出してもらいたいと思います。